パイプライニング・給水管更生・排水管更生・ピグライニング・気流ライニング・設備配管リニューアル・建築設備リニューアルなどの施工は「大阪ガスリノテック」にお任せ下さい!


ASLU工法
主な特徴
施工の仕方
動画
パイプライニング事業へ戻る

他の工法
+ ASLU工法
+ PIPS工法
+ NPLV工法
+ DSL工法
+ DREAM工法

 



ASLU工法│給水管更生



1日施工・即日通水の確実なシステムです。

施工前 クリーニング後 ライニング後

居住者への在宅依頼が一日で済みます。(その日の夕方にはすべての蛇口が使用できます)
塗り残しや管閉塞がなく、仕上がりが滑らかでピンホールのないライニングが可能です。
即日復旧・即日給水ができることから、煩わしい仮設給水が不要です。
この工法は、大阪ガス(株)がガス管ライニング技術を基に開発した信頼性の高い給水管更生工法です。

対応パイプ径 主に15A-25A
樹脂塗膜厚 0.3-1.0mm
対象配管 給水配管




クリーニング工程

配管末端部より研磨材を高速気流で搬送し、管内に付着している錆等を除去します。また、これを双方向による往復研磨にて実施することにより、継手内部の錆等も確実に除去します。
ブラストマシーンで研磨⇒ 

ライニング工程

管内にエポキシ樹脂を充填し、空気圧でシリコン製のピグを往復走行させます。この結果、ピンホールや塗り残しのない、確実な塗膜の形成が可能です。

硬化促進工程


硬化促進用温水を分流する装置
ライニング後60℃〜65℃の温水を1.5時間程度管内に流水し、塗膜の硬化促進を図ります。(従来は自然乾燥による48時間硬化)

水栓口からでる硬化促進温水⇒
(温水温度の確認状況)